介護度に合わせたバリアフリーリフォーム

介護が必要な方も介護をする方も、みんなが住みやすいお家とは?

>

ここにきて階段が生活を阻害する

階段

階段もこれまでの住宅改修の箇所と同じように手すりの設置は必須です。
階段を上り下りするとき、丁度手首の当たりの高さで手すりを設置すると階段の上り下りが楽になります。
重心移動をうまく行いにくい方は、手すりの高さを手首よりも少し高い場所にします。
階段の滑り落ち防止のために滑り止めカーペットを敷いたりするのも効果的です。このほか階段自体を緩やかなものに変更したり、昇降機を設置することもできますが、こちらは手すりの設置と比較すると費用が高くなります。
ですがリウマチなどの疾患があると、階段昇降自体が困難で、階段昇降自体が病状悪化の要因となりますので、疾患によっては昇降機の導入を検討した方が良いかもしれません。

廊下

廊下は部屋と部屋の移動を行う際に必ず通る場所ですので、住宅改修を行うときの優先順位としては高い部分です。
部屋のドアとの間に段差がある場合は、緩やかなスロープの設置、もしくは床全体をあげるなどして、段差解消する方法があります。
これだと車いす移動となった場合でも、段差を気にすることなく部屋と部屋を行き来することができます。
廊下にカーペットが敷かれている場合は、カーペットと床の隙間に躓くことがありますので、床と同じで滑りにくい素材のものに変更しましょう。
廊下全体に手すりを設置すると、移動がスムーズです。

このように介護度に合わせた住宅改修というよりも、介護度関係なく介護される方、介護する方の両方が安全かつ楽に生活できる家にする、と考える方が良いと思います。
介護は毎日のことになりますので、その家で暮らす方が少しでも負担なく暮らせるものにしたいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る