介護度に合わせたバリアフリーリフォーム

介護が必要な方も介護をする方も、みんなが住みやすいお家とは?

>

足元が濡れやすい場所こそしっかりと

浴室

浴室で一番起こりやすいのは転倒です。濡れた床は滑りやすく、特にバランスがうまく取れなくなっている方には危険度が増す場所です。
滑りやすいことに加えて、浴槽を片足挙げて跨ぐ、という動作が大変になっています。
浴室の入るところや、浴槽から立ち上がるところに手すりを設置したり、跨ぐ高さを低くするために洗い場にすのこを置いて嵩上げします。
このほか滑りにくい床に変更したり、浴室のドアを引き戸や折り戸に変えるのも一つの方法です。
ただこの場合は扉だけでなく、浴室の床も合わせて変更しなければならないことがあるため、改修費用が高額になってしまう場合があります。
また、お風呂内で使用でいる椅子や浴槽に設置する手すりなどを福祉用具でレンタルするとより一層楽にお風呂に入ることができるようになりますよ。

トイレ

トイレは家の中で一番小さな空間かもしれません。
その中に介護する方も一緒に入ると、密室に(トイレのドアを開けていれば密室ではないですけれど)2人いることになりますよね。
そんな空間でいかにスムーズに介護を行えるかですが、まずはトイレの出入り口に段差があればそれを解消します。
トイレ内で立ち上がりやすいよう手すりを設置しましょう。このときの手すりは、L字型の手すりが便利です。
今は少なくなりましたが、しゃがむ動作よりたち座り動作の方が負担が少ないため、和式トイレは洋式トイレへ変更しましょう。
トイレの床は掃除がしやすいように滑りやすい素材が使用されていることが多いため、滑りにくい素材へ変更するとトイレ内での転倒が予防できますよ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る