介護度に合わせたバリアフリーリフォーム

介護が必要な方も介護をする方も、みんなが住みやすいお家とは?

>

介護度が高いことで住宅改修の内容に違いが出るの?

玄関の段差や上がり框

玄関は家から外へ出るために必ず通る場所で、安全に外に出るためにはこの部分の改修は欠かせません。
杖を使用していれば、片手は杖に取られてしまいます。意外と片手が塞がった状態で靴の着脱や上がり框を上がるのは大変です。
何かにつかまることができると安全に動作が行えるため、手すりを付けたり、車いすでも上がりやすいようスロープを設置するという方法があります。ただ、スロープは急な傾斜だとかえって介護者の負担が増えることになるので設置の際は、緩やかなスロープとなるようにする必要がありますので、結構場所を取ってしまうことが難点かもしれません。
このほか室内でも常に車いすで立って移動することが難しい方などは、昇降機を設置して、車いすごと一気に移動する方法をとることもできます。

ドア

開き戸というのは、開けたときにドアを引くぶん身体の重心が後ろに移動するため、後方に転倒しやすいドアでもあります。
このドアを引き戸や気密性は下がりますがアコーディオンカーテンに変更すると、部屋への出入りが楽になります。
この開き戸の大変さを一番感じるのは、室内を車いすで移動するときです。
車いすがあると、ドアが車いすにあたってしまったり、開けたドアが邪魔をして部屋に入れないことが起こります。
これが引き戸になるだけで、室内の車椅子移動は大幅にスムーズになります。介護する方も車いすを押しながら、片手でドアやカーテンをさっと開けられるため楽なんですよ。
あと見落としがちなのが床です。
カーペットが敷かれていたり、畳のお部屋があったりするかと思いますが、カーペットは躓きやすい、畳は目に沿って滑りやすい素材です。
床はできるだけフローリングへ変更するとこれらを予防できますよ。


この記事をシェアする
TOPへ戻る